英語のジョーク Part 6 「うさぎと肉屋」

2019年後期 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より100分間の授…

「異文化の食べ物」番外編

白馬渓の紅葉
白馬渓の紅葉

前回の記事で紹介しましたDisgusting Food Museum 「異文化の食べ物博物館」。

2週に渡りレッスンで取り上げました。

生徒の皆さんが今までに経験した、変わった食べ物について話が盛り上がりました。

蜂の子が好きな方によれば、一番美味しい食べ方は素麺と一緒に食べる、と仰います。

画像をググってみましたが。。。。

想像を遥かに超えます!

やはり文化が違うと食べ物も違うのですね。

以前、私がちりめん(しらす)をお皿に出すとアメリカ人の友人は「ギャー!目がいっぱい!」と叫びました。

以前、カウチサーフィンでホストしたオーストラリア人の青年2人。

「何か食べられないものはある?」と聞くと、口を揃えて「ししゃも」と答えます。

「なんでししゃも?美味しいじゃん。」と問うと、2人は頭を振りながら「日本人は信じられない。」「なんで幸せの絶頂期にあるシシャモを焼いて食べて喜ぶんだ。」と。

そんなこと考えたこともありませんでした。苦笑

子持ちシシャモは格別な美味しさですよね。

「食」は文化や環境の違いから大きな影響を受けています。

私の好物、「豚足」なんてもってのほかでしょうか。

ちなみに、韓国では豚足のことを「ハイヒール」と言うらしいのです。

確かに、その形状からして。。。笑

「ハイヒールでも食べに行こうよ。」今度使ってみようと思います。笑

ハイヒール&ハイボールなんて最高の組み合わせではないですか。


スポンサーリンク




The rabbit and the butcher.

さて今日のジョークのお時間です!

ジョークに出てくる単語をみてみましょう。

butcher’s shop 「肉屋」

reply 「答える」

greengrocer 「八百屋」

at the end of the street 「通りの突き当たり」

thank 「礼を言う」

angry 「怒って」

nail 「釘で打ち付ける」

耳で聞いて、理解して、笑っていただきたいので、あえて訳文を載せません。

ナチュラルスピードとスロースピードの音声を載せているので、是非聞いてみてください。

ナチュラルスピード

スロースピード

スーパースロースピード

スポンサーリンク