私の考える効果的な早期英語教育

2019年後期 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より100分間の授…

黒板のABC
黒板のABC
スポンサーリンク




英会話は一体何歳から始めるのが効果的?

2020年度から新しい「学習指導要領」が施行されます。

現在5・6年生で必修となっている「外国語活動」が前倒しされて、3・4年生で必修となり、5・6年生では英語が教科となって成績がつくようになります。

これを2018年度より先行実施することを文部科学省は求めています。

実際には、都道府県・地区町村・小学校ごとに取り組みは様々になることが予測されます。

「聞く」「話す」が中心のところに読む」「書く」の指導も加わり、4技能の力を伸ばさなければならなくなります。

必然的に、小学校での英語教育はより強化されていくことになります。

英語教育早期導入の加速化に伴い、寄せられるご質問も最近多くなってきました。

「年齢が低ければ低いほど、よく身につきますか?

「0歳からのクラスはありますか?」

「英語が苦手だったので、子供には早くから習わせたいのですが。」

「今2歳ですが、勧められた高額な英会話教材を買おうか悩んでいます。」

私は過去に、某英会話学校で「1歳児ベビークラス」を担当していました。

その学校の方針はこうでした。

「赤ちゃんでも耳で音を吸収しています。0歳から英会話に触れましょう。」

30分間のクラスには、お母様がベビーを抱いて参加されます。

私はテンションをマックスに押し上げて、身振り手振りで歌ったり踊ったりの一人芝居。

ベビーの機嫌が良ければいいのですが、泣いてしまっては授業どころではありません。

私自身は幼少・学生時代、英会話教室に通ったことはありません。

ベビーが英会話のクラスに通う事は、ムダではないと思います。
しかしながら、必要性があるかと問われると、疑問に思っているのも事実です。

私の個人的な考えですと、「早ければ早いほど良い」ということはなと思うのです。

とりあえずは母国語の習得が第一優先だと考えます。

そして母国語を理解しだす頃、4・5歳くらいから「学ぶ」のではなく、「触れる」英語の環境を作っていくことが効果的です

就学前までは、無理にレッスンに通わせなくても良いと思います。

自宅で英語のDVDを見せたり、CDで英語の童謡を聴いて一緒に歌ってみたり。

例えばこういうものがオススメです。

カラフルな絵本で楽しく英語に触れることができます。

CD付きの「チャンツ*」で英語の音とリズムに慣れます。
*チャンツ=英語の文章を一定のリズムに乗せて歌ったもの


「英語は楽しい」ということを自然に感じられる環境が重要です。

英語習得への一番の近道は、「英語を好きになること。」

お子様が自発的に「英会話を習いたい!」と思える環境作りこそが大切なのです。

一番効果的なこと。

ご家族が日常的にお子様に英語で話しかける

お母様でもお父様でも、お爺様、お婆様でも構いません。

生活の中で身近な誰かと英語を話すことで、ぐんぐんと上達します。

このようにお伝えすると、

「いや、無理無理無理無理!私、英語全くできませんから!」

と首を激しく横に振るお母様が大勢いらっしゃいます。

学生時代、英語が苦手だったお母様が、特にお子様の英語教育に熱心です。

「自分が出来ない分、せめて子どもには英語を好きになってもらいたい。」

お気持ちはとてもわかります。

でも、ちょっと振り返ってみてください。

小さい頃に、ご自身が言葉(日本語)を学んだのは、ご家族や周りの人達とのコミュニケーションをとる為だったと思います。

そして今や日本語ペラペラですよね? ネィティブですよね?

例えば日常的に使えるフレーズはこんな感じです。

「ジュースいる?」
Do you want some apple juice?

「はい、どうぞ。こぼさないでね。」
Here you are.  Don’t spill.

「靴下履いてね。」
Put your socks on.

「今日のお天気は?」
How’s the weather?

「傘、忘れないでね。」
Don’t forget your umbrella.     などなど。

家庭で日々使う英語はとてもシンプルです。

そう難しいものではありません。

簡単なフレーズでも、毎日使うことで必ず定着します。

例えば、家中のモノを英語で覚えやすいように工夫することは効率的です。

冷蔵庫/fridge , リモコン/ remote, 引き出し/ drawer, レンジ/ microwaveのように書いた付箋を貼っておいても良いでしょう。

後にその付箋を隠すなどしてゲームに発展させていくことも可能です。

お子様にとっては、ママやパパが一番身近な存在です。

英会話の先生との会話よりも、ずっと熱心に耳を傾けます。

ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんが楽しそうに英語で話したり歌ったりするのを見れば、おのずと興味が湧いてきます。

「もうすぐ生まれる初孫に英会話を教えようと思っています。」

English Cafeで5年ほど学ばれている生徒様60代男性のお言葉です。

元々海外旅行が目的だった生徒様です。

ご自身の英語力に自信がつき、新しく目的ができた今、これまで以上に高いモチベーションで英会話に取り組んでおられます。

また、当教室では現在4組の親子が別々のクラスで英会話を学ばれています。

お互いにライバル意識をもって楽しく頑張っておられます。

お子様の英語教育で悩まれているお母様、お父様そしてご家族の皆様。

この際、ご自身が英語を学び、その楽しさを実感し、それを家庭でお子様に伝えてみては如何でしょうか?

当教室ではそのような「子どもに伝える英会話講座」もご用意できます。

家庭で使える市販のDVDや歌、絵本、親子でできる様々なゲームもご紹介いたします。

当教室ではレッスン中の録音も可能です。

是非、お気軽にお問い合わせください。
アルファベットの積み木
アルファベットの積み木
スポンサーリンク