Teacher’s Expo in Fukuoka

2019年 10月9日 開講 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より…

Today’s expression
きょうのひとこと

The flu is going around.
「インフルエンザが流行っている。」

急激に寒くなりましたが、皆様体調は如何ですか?

最近、インフルエンザが流行しているようです。

私は2年前にインフルエンザでダウンしましたが、とにかくキツかったです。

この世の終わりかと思いました。(I thought it was the end of the world.)

死ぬかと思いました。苦笑(I thought I was going to die.)

インフルエンザは英語では普通 “flu”と略されます。

go aroundには、「行き渡る」や「歩き回る」という意味の他に「流行る」という意味があります。

The rumor went around. 
「噂が広まった。」

応用例:

Put your mask on!  The flu is going around.
「マスクをつけて!インフルエンザが流行っているよ。」

I  heard a cold is going around.  Stay warm and get a good rest.
「風邪が流行っているらしいよ。暖かくしてよく休んでね。」

I’ve got a runny nose and a slight fever.  I hear a cold is going around.   I hope I’m not coming down with a cold.
「鼻水と微熱があるんだよね。風邪をひかなければいいんだけど。」

ちなみに、

What goes around comes around.
「因果は巡る。」

「良い行いも悪い行いもいずれは自分に返ってくるよ。」という諺。

いわゆる、karma (カルマ)ですね。

この際一緒に覚えちゃいましょう。

大分志高湖の紅葉とあひるボート

スポンサーリンク




英語講師のエキスポ in 九州

ティーチングは、実のところ孤独な作業なのです。

もちろん、生徒様と一緒に勉強している時はそんな事はありませんが、その合間の準備時間はひたすら寂しいのです。

昔働いていた語学学校では、仲間がいました。

共にモチベーションを高め、切磋琢磨しながらアクテビティのアイデアを出しあい、失敗すれば励まし合ったりもしたものです。

研修なども充実していたので、孤独感を感じることもありませんでした。

独立してからというもの、 アイデアが湧き水のごとく出てくるわけがなく、壁にぶち当たることも度々、いや、多々あります。

テキストをなぞるだけのレッスンでは面白さが足りないので、アクティビティやゲームを日々模索しています。

毎年この時期に、福岡市の西南学院大学で英語講師の九州エキスポが開催されます。

九州の各地から集まった大学教授、専門学校の英語講師、個人英会話教室経営者、出版社などによる英語教育のプレゼンテーションに参加することができます。

参加者は英語ネィティブ講師が7割ほど。

よって、ほぼすべてのプレゼンテーションは英語で行われます。

今年も私とは視点の違った英語教育をされている先生方から、目から鱗の( a real eye-opener) 興味深いアイデアを得ることができました。

100均アイテムをフルに活用したゲーム教材のあれこれ。

スマホアプリを利用したハイテクレッスン。

ミュージックビデオを使って中学生、高校生のライティングの練習に結びつける工夫。

より高い流暢性を目指すのに効果的なペアワークアクティビティ。

・・・

プレゼンターの先生方の熱意と創意工夫に、感嘆の声をあげるばかりでした。

特にお子さんをメインに教える先生方のパワフルでユニークな授業。

「この先生の生徒さんはラッキーだなぁ。」と羨ましく感じました。

エキスポに参加している先生方は、教えることが大好きで、より良いレッスンを目指す方達ばかり。

同じ志を持った方々と会うことでとても良い刺激になりました。

日々のレッスンプランを練る際にいつも思うのが、ひとつとして同じレッスンは存在しないということ。

同じテキストを使っても、生徒さんが違えばこちらからのアプローチも柔軟性を持って変える必要があります。

とはいえ、長いティーチング経験を振り返ってみても、満点だったレッスンは存在しません。

パーフェクトに近いまではいっても、完璧なレッスンはないのです。

格好つけて言ってみると、100パーセントなレッスンを出すべきではないのかな・・・と。

自分が完璧と思ったところで、それはただの自己満足 ( just a self-satisfaction) になってしまいますから。

今後も初心を忘れず、常に向上心を持ち、自然に英語が身につくような、奇想天外で楽しいレッスンを提供したいです。

スポンサーリンク