英語のジョーク Part 1 「カエルくん、占い師に会いに行く。」

2019年後期 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より100分間の授…

カーミット
カーミット

私のレッスンの冒頭ではウォームアップとして、色々なアクティビティを行ないます。

スムーズに英語モードに切り換えていただくためです。

なぞなぞやジョーク、たまには心理テストなども面白いです。

ウォームアップで生徒さんの興味を引くことが出来れば、そのレッスンの掴みはオッケーだと思っています。笑

英語のジョークは難しいと感じるかもしれません。

文化的な背景だったり、そもそも笑いのツボが違うので最初は戸惑うかもしれません。

アメリカ人が使うジョークは、日本人からみると皮肉(sarcasm)に聞こえるものが多いのも事実です。

それこそがアメリカ流であり、文化でもあります。

アメリカのジョークは、日本人による冗談や漫才、お笑いのネタとは全く異なる種類のものなのです。

アメリカなどではビジネスの場やプレゼンの合間など、シリアスな場面にも頻繁にジョークが登場します。

笑いを提供することで、その場の緊張をリラックスさせる効果があるからです。

色々なジョークを探し、「これなら生徒さんに間違いなく受ける!」と厳選したものをレッスンで紹介しています。

初級クラスなどでは、あらかじめジョークに登場する単語を紹介することで理解度がアップします。

スポンサーリンク




One of my favorite jokes.

今日は私のお気に入りのジョークを1つご紹介します!

タイトルは “A frog goes to a fortune teller.”

「カエルくん、占い師に会いに行く。」

まずは、ジョークに出てくる単語をみてみましょう。

fortune teller : (運を語る人)すなわち、「占い師」

palm : 「手のひら」。ちなみに palm tree というと、「ヤシの木🌴」の意味。

Palm readingというと「手のひらを読む」すなわち「手相占い」のことです。

Read a palm だと、「手相をみる」の意味ですね。

耳で聞いて、理解して、笑っていただきたいので、あえて訳文を載せません。

ナチュラルスピードとスロースピードの音声を載せているので、是非聞いてみてください。

ナチュラルスピード

スロースピード

スーパースロースピード

スポンサーリンク