Siriが英会話の練習に最適② 【国名・都市名の発音をチェック!】

2019年 10月9日 開講 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より…

海外の国名や都市名はカタカナの発音と、かけ離れている場合がとても多いです。

海外旅行などの際は、目的の国、都市名だけでなく経由地も英語での発音を事前にチェックしておくことをお勧めします。

例えば、海外においてトランジット(乗り継ぎ)をする空港で以下のようなアナウンスが流れたとします。

Attention passengers on British Airways flight 232 to Venice. The departure gate has been changed. The flight will now be leaving from Gate 26.”

「ブリティッシュ航空232便のベネチア行きをご利用のお客様にお知らせいたします。出発ゲートが26番ゲートに変更になりました。」

水の都として知られている、有名な観光地、イタリアのベネチア(ヴェネチア)

実はこれはイタリア語読みであり、英語読みはヴェニスとなるのです。

英語読みを知らないと、先ほどのアナウンスをスルーしてしまって飛行機に乗り遅れる恐れも。

もちろん、カタカナ読みと同じ国名や都市名もありますが、念のためご旅行の際などはSiriと練習をして準備しておきましょう!

スポンサーリンク




国名・都市名の発音をチェック!

R=りか( 私)S= Siri

【1】

R: Hey Siri, how’s the weather in ベルギー?

S: Sorry, I don’t know where that is.
「それがどこにあるのかわかりません。」

(カタカナ発音の「ベルギーを」」”iggy”と聞き取ったようです。

R: Hey Siri, how’s the weather in Belgium?
「ベルギーの天気は?」

S: It’s currently partly cloudy and 15℃ in Brussels, Belgium.  Expect mostly cloudy skies starting tonight.  Today’s high will be 22 degrees, and the low will be 14.
「ベルギーのブリュッセルでは現在やや曇りで15℃。今夜以降曇りの予報です。最高気温22℃、最低気温は14℃です。」

【2】

R: Hey Siri, what language is spoken in イタリア?
「イタリアでは何語が話されているの?」

S: Let me check on that.. OK.  I found something on the web for “what language is spoken in Nadia.  Take a look.
「Nadiaで何語が話されているのかについてweb上でお調べしました。ご参照ください。」

(Nadiaは国名ではありませんが、カタカナ発音の「イタリア」を “Nadia”と聞き取ったようです。)

R: Hey Siri, what language is spoken in Italy?
「イタリアで話されている言語は?」

S: Italian is spoken in Italy.
「イタリア語です。」

【3】

R: Hey Siri, how many people live in スイス?
「スイスの人口は?」

S: Checking..  In 2017, the population of Sweden was 10,120,242.
「スエーデンの人口をwebでお調べしました。2017年時点で10,120,242人です。」

(スイスをスエーデンとして認識したようです。。)

R: Hey Siri, how many people live in Switzerland?
「スイスの人口は?」

S: In 2014, the population in Switzerland was 8,211,700.
「2014年時点、スイスの人口は8,211,700人です。」

国名や都市名を変え、発音に気をつけて上記のような質問をSiriに聞いてみましょう。

Seattle (シアトル)、Russia(ロシア)、Athens (アテネ)、Warsaw(ワルシャワ)、Ottawa(オタワ)、Belgium(ベルギー)、Moscow(モスクワ)などは発音要注意の一例です。

カタカナ発音をしても、Siriは健気にそれに一番近い音として認識してユーザーの質問に答えようと努力をしてくれます。

一発で聞き取ってもらえるように練習してみませんか?

iPhone、iPadをご利用の方!Siriを使っていますか?英会話を学びたい方はSiriの言語設定を「英語」にして毎日英語で話しかけることで色々なことが便利になるだけではなく、同時に英語の勉強にとても役立ちます!この記事では言語設定手順をご紹介します。Siriにどんどん話かけて英会話の練習相手になってもらいましょう!
Siriを使って数字の練習をしてみましょう。Siriは通貨換算・単位変換・チップ計算に便利です!。海外旅行の際などレートを調べたり、消費税やチップの計算は厄介ですが、Siriを使えば瞬時に解答してくれます。華氏を摂氏で、キロをマイルに・・・どの単位変換もお手の物。その日のレートで日本円に換算してくれるのも助かります。
英語で毎日の天気を確認しましょう。「今日の気温は?」「傘持ってた方がいいかな?」など、様々なバリエーションでSiriに聞いてみましょう。現在地の予報だけでなく、Siriなら世界各地の天気や一週間予報も瞬時に答えてくれます。毎日の習慣にすることで天気に関するフレーズや単語の勉強になり、一石二鳥です。
便利なタイマー・アラーム機能もSiriを使えばらくらく。目覚ましアラームの設定はもちろん、変更や解除もすべて「声」で指示してみましょう。料理中のパスタを茹でる時間もハンズフリーでセットできます。あらゆるコマンドを迅速に実行するSiriの回答も表現が豊かで英会話の勉強にもってこいです。
Siriを辞書代わりにスペルや意味の確認をしてみましょう。わざわざ辞書を呼び出さなくてもSiriが瞬時に調べてくれます。他言語への翻訳機能も備わっているため、英文のフレーズをフランス語やスペイン語などに翻訳し、読み上げてくれます。旅行先で便利に使える機能です。
スケジュールやリマインダーもSiriで楽々設定。「クリーニングの受け取り」や「毎週水曜日のゴミ出し」など、忘れたくないことはSiriに頼んでリマインドしてもらいましょう。買い物リストや、やることリストに自分で入力する作業は割と地味で大変です。メモ機能も利用して日常生活をより快適にしてみませんか?Siriにお任せすればあっという間ですよ。
Siriの意外な活用法について。サイコロを振ったり、コインを投げたり。カメラ起動もSiriに呼びかけるだけでスムーズに。iPhoneが見当たらない時は、Where are you? と聞いてみましょう。退屈な時はSiriを相手に他愛のない会話をしてみるのも意外と楽しかったりします。

スポンサーリンク