Learn English with movies.

2019年 10月9日 開講 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より…

映画館エムアンドエムズ

英会話学習法は実にたくさん存在します。

自分に合った勉強法を工夫することで、より楽しく、効率よく学ぶことが可能です。

最近はスマートフォンのアプリなどを使って、ゲーム感覚で単語を覚えるのも当たり前になってきました。

日々の学習記録なども自動的に作成され、本当に便利な世の中です。

単語帳などを使わなくても、指先一つでスイスイと暗記のお手伝いをしてくれます。

おまけに音声付きで至れり尽くせり。

とは言え…  私はアナログな勉強法も割と好きです。

タブレットでこのブログを書いている私ですが、ノートに字を書くこともまた楽しいのです。

わざわざ、単語帳用に小さなメモを買ってきて、ちょこまか書いて常に持ち歩きます。

愛着が湧き、自分だけのオリジナル辞書が出来あがるのが感慨深いです。

英単語帳

ゴムバンドの付いた携帯に便利なRollbahn/ロルバーンがお気に入りです。

スポンサーリンク




映画を使った英会話学習法

目次

1 映画の選び方
2 日本語の字幕付きで内容を理解する
3 英語の字幕付きで観る
4 覚えたい表現や単語を専用ノートに
5 俳優になりきって声に出して練習
6 英語の字幕付きで観る→音読の反復練習

自分の「好き」を勉強に取り入れることで、一段と楽しく英会話を学ぶことができます。

一例は映画を使った学習法。

生徒さんの多くも映画好きな方が多いので、レッスン中に映画の話で盛り上がることもしばしば。

英語の上達に映画を使わない手はありません。

英会話をマスターする一番の近道は「モノマネする」こと。

実際にネイティブが話している英語を、そっくりそのまま話してしまえばいいのです。

今回はどのようなステップを踏めば効果的に学べるかをまとめています。

映画の選び方

より身近で日常的な表現が使われているものをお勧めします。

ジャンルで言えば、ラブコメディやファミリー映画。

何度観ても楽しめるように、愛してやまない一本を選びましょう。

大好きな俳優が出演しているものも良いですね。

出来れば、憧れの同性の俳優をとことん真似るのがお勧めです。

(私の場合はスカーレット・ヨハンソンです。生まれ変わったら彼女になりたいのです。)

たった一本の映画から、たくさんの単語や表現、なにより自然なスピードの英語の発音やイントネーションを学ぶことができます。

日本語の字幕付きで内容を理解する

まずは映画の内容を理解することが大事なので、一度字幕付きでじっくり鑑賞します。

お気に入りの映画は何度観ても飽きないものですよね。

それどころか、観るたびに新しい発見があったりもします。

英語の字幕付きで観る

しっかりと内容を理解できたら、次は思い切って英語字幕でセリフに注意して観ます。

一時停止をしながら、一言一言を確認していきます。

前もって日本語で内容やセリフを理解していることで、英語字幕で観ることにより、脳内で日本語<=>英語の相互変換が行われていることでしょう。

覚えたい表現や単語を専用ノートに

単語が分からなくても、日本語のセリフをもとに想像する程度で大丈夫。

場合によっては単語やイディオム、発音を辞書でチェックできるとより記憶に残ります。

「あぁ、こういう風に言うのかぁ。」と感じた粋な表現などは、しっかりとノートに書き写しておきます。

俳優になりきって声に出して練習

その後、セリフを真似て発音してみましょう。

俳優になりきって、イントネーションや声の雰囲気を真似て繰り返し声に出して練習します。

表情やジェスチャーも加えて、映画の主人公になったつもりで。笑

脳だけではなく、身体全体でセリフを染み込ませるのです。

好きなセリフをどんどん真似て、反復することでよりネィティブの発音に近づけていきます。

英語の字幕付きで観る→音読の反復練習

英語の字幕付きで観る→音読する→観るを英語に慣れるまで繰り返します。

字幕なしで観ることも重要です。(時々シャドーイング*)

数日あけて再度観ることでより深く定着させることができるのです。

お時間に余裕がない場合は、スマートフォンなどに録音して聴いていただいても結構です。

音声だけで場面を容易に思い描くことができるようになっていることが理想です。

【シャドーイングとは】
音声の“1~2秒後に遅れて字幕を見ずに発音すること。
インプットとアウトプットを同時に行います。
子供の頃に歌った、「輪唱」のイメージです。
最初は大変に感じるかもしれませんが、ここでは文字を頭に思い浮かべたり深く考えたりする必要はありません。
「耳から聞こえてきた音をそのまま口から出す」イメージです。

※シャドーイングはかなりの集中力を要するので、数分から始めるのがお勧めです。

私は普段アメリカ英語に触れることが多いので、最近はイギリス映画で英国ならではのフレーズや発音を学んでいます。

現在は「ブリジットジョーンズの日記」を使って勉強中。

同世代の、やさぐれた女性が主人公なので真似しやすいです。笑

映画で英語学習ノート

洋画や海外TVドラマは日常で使われるフレーズの宝庫。

何度も繰り返し観ることで、最初は全く分からなかった内容の理解もできるようになります。

さらに単語力、リスニング力、スピーキング力を同時に、効果的にアップさせることができます。

最近ではHuluやNetflix、Amazon Primeといった動画配信サービスで、いつでも、どこでも、気軽に映画や海外TVドラマを観ることができるようになりました。

英語字幕に対応しているタイトルもたくさんあります。

英語字幕に対応していない場合は「タイトル+script」で検索してみてください。

【例】Bridgette Jones Diary script

ほとんどの映画の台本がネット上に掲載されています。

是非、あなたのお気に入りの作品で英語学習を行ってみてください。

スポンサーリンク