A traveler from Singapore

2019年 10月9日 開講 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より…

Today’s expression
きょうのひとこと

It’s on the tip of my tongue.
「喉まで出かかっている。」

映画の話をすれば、俳優の名前が思い出せず。。

外食に行った話をすればレストランの名前が思い出せず。。

なんでこう、言葉が出てこなくなってしまうんですかねぇ。

両親の会話が「あれ、これ」で成立するのを見て笑っていましたが、人のこと笑えません。

日本語では「あー、喉まで出かかってるんだけど!」となりますが、英語では “on the tip of my tongue”、直訳すると「舌先まできてるんだけど!」になります。

tipは「先端」を意味します。

英語のほうが寸前まで出て来ていますね。

くしゃみひとつでもすれば、出てきそうです。笑

“His name escapes me.”
「彼の名前が私から逃げていく」=「思い出せない」という言い方もできます。

ちなみに、あなたも私も大好きな牛タンのタンは英語の「舌」”tongue”です。

応用例:
1) Umm.. what was that guy’s name again?  It’s on the tip of my tongue!
「あのひとの名前なんだっけ?ここまで出てるのに!」

2) A: Do you remember the name of the restaurant we went to last night?
「昨日の夜行ったレストランなんてとこだっけ?」

B: Erm.. Hold on, it’s on the tip of my tongue.  
「えーっと、ちょっと待って、ここまで出かかってる。」

3) The title of the movie escapes me.  I just can’t remember.
「映画のタイトルが思い出せない。。」

スポンサーリンク




渋いこだわりを持つシンガポールの青年

コスモスと青空

ラスベガス旅行記はまだまだ続きますが、ちょっとここで話題を変えます。

I still have a lot to say about my trip to Las Vegas, but I’d like to take a moment from it and touch on something different today.

つい先日、日本を旅行中のシンガポール人の青年、Darrenが延岡に2日間滞在しました。

Just a few days ago I hosted Darren, a Singaporean boy for two days.

ご存知でしょうか?シンガポールは宮崎県椎葉村(しいばそん)とほぼ同じ面積です。
(または淡路島と同じ、あるいは東京23区と同じ。意外と椎葉村って大きいですね!)

Did you know that the size of Singapore is about the same as Shiba village in Miyazaki?

Darrenは2度目の来日で、3週間かけて一人旅をしています。

This is his second time in Japan and he has been traveling around for the past two weeks.

パッと見は今風の、オシャレな若者という印象ですが、「万年筆やお茶」という渋い趣味を持つ青年です。

1950年に作られた、モンブラン製アンティーク万年筆を持ち歩いて旅行記を書いています。

He seems like just another ordinal young boy who is into fashion, but he actually loves traditions and is really into fountain pens and all kinds of tea.

大きなバックパックを背負って、JRパスをフル活用しながら日本のあちこちを旅しています。

He’s been making the most of JR Pass and has been traveling all over the place, with  his huge backpack.

私の家に到着すると、おもむろに荷物の中から本格的な茶器を取り出し、烏龍茶を淹れてくれました。

As soon as he got to my place, he carefully took out his tea sets that he brought from home and made me some amazing Oolong Tea.

50g 4,000円の高級茶葉だと聞いたのは既に私がお茶を飲み干した後。。

It was right after I gulped it down when he told me the tea cost 4,000 yen for 50g.

あぁ、もっとゆっくりと味わうんだった。。

I should have taken my time to savor it more.

その細く長い指で茶器を器用に操り、時間をかけてお茶を淹れる様子を見ているだけで、癒されるひと時。

Just watching his long, thin delicate fingers gracefully moving around the fancy tea sets was relaxing enough for me.

私がちゃちゃっと淹れるお茶とは全く違う、とても贅沢な時間です。

It tasted very different from the tea I usually make in a rush.

何かに「こだわり」を持っている人ってかっこいいと思います。

I think it’s cool to have something you can be passionate about.

なんだっていい。

It can be anything.

コーヒーでもお茶でも、万年筆でも時計でも…

Coffee, tea, fountain pens, watches, etc.

とくに何もこだわりを持ち合わせていない私は、「こだわり」に漠然とした憧れがあります。

I’m not particularly picky about anything, but I kind of like to be.

あぁ、こだわってみたい。

2日間の滞在中に特別ゲストとしてレッスンに参加して、生徒の皆さんとの交流もできました。

He helped me out with my classes as a guest speaker.  He was happy to talk to my students.

お昼には「チキン南蛮」を食べ、その後「お大師さん」を案内しました。

Two days went by so fast.  We managed to have Chicken Namban for lunch and took a stroll around the monk statue on top of the mountain.

「鳥居にはどういう意味があるの?」や、「なんで神社では参拝の時に2回手を叩くの?」想定外の質問がどんどん飛んできます。

He asked me questions like “What does Torii mean anyway?” or “Why do you clap your hands before praying at the shrine?”

答えに詰まっていると、ちょうど住職の奥様がいらっしゃったので弘法大師様のお話を伺うことができました。

He caught me off guard and just then the priest’s wife came to rescue.  She was kind enough to offer answers to any questions he had.

まだまだやり残したことがあると話す彼は後ろ髪を引かれながら延岡を去り、福岡県八女市の茶畑に向かいました。

He headed off to Yame.  He still a lot of things that he wanted to do here in Nobeoka, so I’m sure he will be back in the near future.

インタビュー音声をバイリンガルモードで載せておきますので、宜しければお聞きください。

スポンサーリンク