幸運な日

2019年後期 受講生募集中!
無料体験レッスン受付中!!途中入会大歓迎!!

毎週水曜日 19時30分より100分間の授…

Today’s Expression
きょうのひとこと

I’m a little buzzed.
「ほろ酔ちゃった。」

「お酒に強い」は英語で drink like a fish 「魚のように飲む。」という慣用句があります。

He drinks like a fish. 「彼は魚のように(お酒を浴びるように)飲む。」

ついでに大食いの人は…

He eats like a horse. 「彼は馬のように食べる。」

少食の人は…

She eats like a bird. 「彼女は鳥のように食べる。」

も合わせて覚えておきましょう。

年末年始はお酒を飲む機会が増えるので、そんな場で使えるフレーズをご紹介。

「お酒は嗜む程度です。」は、I’m a social drinker.

「沢山は飲めませんが、ふわふわと酔うのは楽しいです。」

I can’t drink a lot, but I enjoy getting tipsy.  ←これ私です。

「体質的にお酒が合わない。」は、Alcohol doesn’t agree with me.

シラフは…  I’m sober.

ほろ酔ったら… I feel a bit tipsy. / I’m a little buzzed.

酔っ払ってきたら… I’m getting drunk.

泥酔したら…  I’m wasted.

意識が無くなったら… I passed out.

応用例

1. A: This beer is pretty good.
「このビール美味しいね。」

B: Yeah, I’m a little buzzed.
「うん、ちょっと酔ってきた。」

2. All my friends were drunk, but I was clear-headed.
「友だちは皆酔ってたいけど、僕はしらふだった。」

3. I have a terrible hangover.  I drank way too much last night.
「酷い二日酔いだよ。昨夜は完全に飲みすぎちゃった。」

スポンサーリンク




My lucky day.

年の瀬の散歩
年の瀬の散歩

新しい年がもうすぐそこに。

買うつもりはなかった「年末ジャンボ宝くじ」。

博多駅で長い列を目にし、気づいた時には並んでいました。笑

徐々に列が縮まっていく中、私はひとり悶々としていたのです。

「10億円を狙ってジャンボを買うか、より当選確率の高い1,000万円のプチにするか…」

すると、私のすぐ前に並んでいた年配の女性が突然後ろを振り返り…

「財布を家に忘れてきちゃったわ。お先にどうぞ。」

この小さな番狂わせ。

これにより私は10億円を手にできるかもしれない!!!

決断がつかぬまま、ジャンボを10枚、プチを10枚購入してそっと財布にしまいました。

くじ運は悪くないと思います。

以前、宝くじで11万円を当てたことがあります。

テレビ番組では、抽選で1名様に当たるDVDプレイヤーをゲットしたことも。

10億円を手にした暁には…

バイリンガルなバリスタが美味しいコーヒーを提供してくれ、夜にはバーになる素敵なEnglish Cafeを建設予定です。

福岡には一等地にマンションを購入して、二拠点生活を優雅に楽しもうと思います。

運を引き寄せられるよう、夜な夜な具体的なイメージを膨らませているのです。笑

English Cafe クリスマスパーティ

先日、English Cafe にて「使える英会話」、「Speak Up English 」の生徒さん達を中心としたクリスマスパーティを開催しました。

Christmas party @ English Cafe
Christmas party @ English Cafe

Potluck Party (持ち寄りパーティ)でしたので、とびきり美味しそうな品々がテーブル一杯に並びました。

テーブル一杯の美味しいお料理
テーブル一杯の美味しいお料理

友人のChrisはキッチンでローズマリーチキンを作ってくれました。

マイ包丁、マイフライパンを持参するほどの料理好きです。

フライパンを煽るChris
フライパンを煽るChris

彼が器用にフライパンを煽る様子をみなさん興味津々に見入っていました。

クリスマスソングを歌い、ゲームやプレゼント交換をして楽しい夜が更けていきます。

別のクラスの生徒さん同士も、あっという間に打ち解け、仲良くなりました。

年齢や職業の壁を超えての出会いは、英語マジックだとつくづく思うのです。

来年は “Cooking in English“、”Guitar in English” 、”Karaoke in English“など、英語をツールとして色々なことを学ぶイベントを開催したいと思っています!

生徒さんには多才な方が多いので、英語や日本語を交えながらお互いから学ぶのも楽しいかなと思います。

さて、当English Cafeのホームページは昨年の夏に立ち上げました。

それから1年5ヶ月が経ち、まさにこの、今年最後の投稿が100記事目になります!

開設当初は定期的にブログを書けるのか、サイトを立ち上げて果たして訪問してもらえるのか…と不安で一杯でした。

おかげさまで沢山の方々の目に留めていただき、サイトを通して本当に素晴らしい出会いが多くありました。

皆様に心から感謝で一杯です。

ひとつひとつが大切なご縁ですが、今年特に印象深いのは1月のお仕事。

このサイトを通してアメリカから直接ご依頼があった2日間に渡るカメラマン同行通訳業務です。

あの時のカメラマンのVicは、別のドキュメンタリーで、念願のエミー賞を獲得したと報告がありました!

宮崎で撮影した動画の翻訳も担当し、私にとって今年忘れられないお仕事の1つとなりました。

Skilled craftsmanship. 宮崎県延岡市の英会話教室English Cafe講師Rikaより最近アメリカで流行っている、スラング(俗語)をご紹介。今年初の通訳の仕事を通して貴重な体験をさせていただきました。宮崎市の工芸品に指定されている宮琉手紡ぎのドキュメンタリー取材に密着して感じたいろいろなこと。
Skilled craftsmanship part2 宮崎県延岡市の英会話教室English Cafe講師Rikaより相手を気遣う、ちょっと日本的な表現をご紹介。宮崎市の工芸品に指定されている宮琉手紡ぎのドキュメンタリー取材に密着その2。インタビューを通して、日本人と着物について考えさせられました。

来年は、延岡市での教室に加え、福岡市の通訳学校で週末クラスを担当することになりそうです。

初心を忘れず、一人でも多くの方々に英会話の楽しさを知ってもらえるように精進して参ります。

寒い年末となりそうですが、皆様もどうぞ暖かくして良い年をお迎えください。

I wish you all the best for the new year!

スポンサーリンク