Speak Up English レッスン内容

「覚える英会話」から「自分の言葉で伝える英会話」へ!

暗記中心ではなく、文を組み立てる練習を通して様々な状況で自分の言葉で伝えるトレーニングを行います。

例えば、海外旅行が目的で英会話を学習する場合、旅行用のあらゆる表現を暗記することも1つの方法ではあります。

しかしながら、覚えた表現をそっくりそのまま使える状況に遭遇することは稀です。

たくさんの表現をストックしておくことも大切ですが、それと同時に自分で文章を作る力をつけておけば、色々な場面で臨機応変な対応が可能になります。

身の回りのことを英語で言えますか?

例えば…
「雨が降りそうだよ。傘持っていったほうがいいね。」
「ちょっと飲み物を買うからコンビニに寄ってくれる?」
「今夜何するの?カラオケでも行かない?」
「お花に水あげた?」
「昨日の今頃は何してた?」
「週末は何もすることがなくてずっとダラダラしてた。」

簡単な表現ですが、すぐに口頭で答えるのは難しいと感じられるかもしれません。

このクラスでは、日常的な表現をスムーズに言えることを目的に効果的なトレーニングを行います。

TOEICや英検などの資格取得を目指す方にとっても、基礎的な力をしっかりと身につけること
で、自信にもなり、自ずと点数が伸びていきます。

もちろん、資格受験にも役立つような単語や表現をふんだんに取り入れた授業です。

使用するテキストなどにより内容変更することもございますが、基本的な流れは以下の通りです。

発音練習 (10分) 

日本人が苦手と感じる「英語の音」のトレーニング。

ひとつひとつの単語の発音だけではなく、英語にはつながる音消える音が存在します。

色々なアクティビティを通して英語の音に慣れていただきます。

講師オリジナル教材
講師オリジナル教材

ウォームアップ  (15分)

英語モードに切り替えていただきます。

最近ご自身の身に起こった出来事や、ニュースで耳にしたことなどを話題にします。

その中で言い方が分からない部分は質問いただき、間違っている単語・表現・発音を直していただきます。

ディクテーション  (15分)

ネィティブが読み上げる短文を実際に聴いて書き取る練習です。

聞き取りにくい音の認識をすることでリスニングの向上に繋がります。

TOEICや英検のリスニング対策に効果的です。

ターゲットセンテンスの紹介・ドリル練習 (15分)

文法を学ぶというよりは、ドリル形式で文章を作る練習をします。

難しいことは考えず、発話することで、耳で、口で覚える方が自然に身につきます。

会話練習(ロールプレイ) (20分)

テキストにある様々な場面での会話練習を行います。

ペア練習。

テキストを見ずに、アイコンタクトでの会話を促すような練習をします。

応用練習 (20分)

ターゲットセンテンスを応用して自分の文章を作る練習です。

この練習を行うことで、テキストの英語を自分の英語として定着させます。

まとめ・質疑応答  (10分)

その日学んだことをおさらいし、授業以外でも英語に触れていただくために宿題を出します。
質問などがあれば疑問点をこの時間で解決いただけます。

テキストだけではなく、より効果的に英語の定着を図ることが出来るよう、講師オリジナル教材もご用意します。

受け身型ではなく、参加型のレッスンで発話のチャンスを多く設ける工夫をしております。

一緒に英会話の楽しさを体験しませんか!

スポンサーリンク




フォローする

この記事をお届けした
Rika's English Cafeの最新情報を、
是非いいねしてチェックして下さい!